メニュー

超音波(エコー)検査

超音波検査超音波(耳で聞こえるより音よりも周波数が高い音)を体内に発射し、その反響を受信して、コンピュータで画像処理し、内臓の状態を確認する検査です。

体の表面にゼリーを塗り、プローブといわれる装置を体に当てて検査を行います。検査時の痛みはなく、X線被爆の心配もありませんので安全な検査といえます。

エコー検査によって、体内部におこった、さまざまな腫瘍、腫瘤性病変、炎症性病変、隆起性病変を発見することができます。

当院では、腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・卵巣・前立腺など)、心臓、頚動脈、乳腺、血管のエコー検査を行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME