川越市クレアモール内の総合内科(内科・消化器内科・糖尿病内科・循環器内科・乳腺外科・外科・在宅診療)乳がん検診・骨粗鬆症・健康診断

胃癌リスクのABC検診とは。

ABC 検診とは、ヘリコバクターピロリIgG 抗体(Hp抗体)検査でピロリ菌感染の有無を、
ペプシノゲン(PG)検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その結果を組み合わせて胃がんのリスクを
A,B,C,Dの4群に分類して評価する検診です。
もっと簡単にいいますと、抗体検査で胃癌の原因のピロリ菌がいるかを調べ、
PG検査で胃全体が弱っているかを調べて、その掛け合わせの例を
4パターンに分けて 胃癌危険度を引き出すものです。
危険度の高い結果の場合は、胃カメラなどで、さらに精密検査を致します。
最近では、A以外の方は、念のため胃カメラを推奨されてます。

 胃がんの原因のほとんどがピロリ菌感染であることがわかっています。
またピロリ菌感染の期間が長いと胃がんになりやすい萎縮性胃炎になります。
そこでピロリ菌感染の有無を調べる検査(血液中のピロリ抗体を測定)と
萎縮性胃炎の有無を調べる検査(血液中のペプシノゲンを測定)を組み合わせて
胃がんになりやすいか否かのリスク(危険度)分類をする検診が胃がんリスク(ABC)検診です。
バリウム検査や胃内視鏡検査のような、直接胃がんを見つける検診ではありません。

【ヘリコバクターピロリ(H.ピロリ)抗体検査】
胃がH.ピロリ菌に感染していないか調べる検査です。
H.ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、さまざまな病気の引きがねになると考えられています。

 

【ペプシノゲン検査】
胃粘膜の老化(萎縮)の状態を調べる検査で、胃がん検診にも応用されています。
萎縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいといわれています。

 

 

ABC検診

A 健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
B 消化性潰瘍などに留意する必要があります。
C 胃がんの高危険群と考えられます。

D

胃がんの、より高危険群と考えられます。

 

 ABC検診は、比較的簡単は血液検査等でできる検診です。

なんなりと御相談ください。

 

 

 

ページトップへ